なぜサプリメントが必要か?

厚生労働省から栄養所要量が公表されていますが・・・・・それを食事だけで摂れると思われますか?

ビタミン等は必要量をまんべんなく摂らなければ、まったく無意味です。全てのカロリー、栄養素は食事から摂ることが理想です。しかし、果物、野菜の栄養素は激減しています。40年前に比べて半分以下になったものもあります。化学肥料の使用、環境汚染、農薬の使用、過度の消毒等が影響していると思われます。

今、必要な栄養素を野菜、果物から摂るとすれば、毎日、バケツ一杯食べなければ、十分な栄養素は摂れません。毎日、バケツ一杯の野菜、果物を食べることは、到底不可能です。もし、出来たとしても、今度はカロリーオーバーになり、肥満になってしまいます。また、理想とされる30品目の食事なんて、とても不可能ですね。ましてや、日々忙しい方にとって、栄養バランスを考えた食事なんて、とても無理です。
だから、ほとんどの方の食生活は「カロリーオーバーで栄養不足」になっています。

ここで、ダイエットでカロリーを制限すれば、ますます栄養不足になります。よって、十分な栄養素を摂るためにはサプリは必要なのです。ダイエットしていない日常でさえも、サプリは必要なのです。

日本では、ガン患者は増えています。日本人の2人に1人は何等かのガンにかかって
います。亡くなった方の3人に1人はガンが原因です。国立がんセンターが2015
年まで予測していますが・・・・まだまだ増え続けます。
でも・・・・・・アメリカでは減っています。

日本では、寝たきり老人や認知症は増えています。でも・・・・・・アメリカでは減っています。

日本は長寿大国と言われていますが、寝たきりや認知症で、1人で社会生活を営めない人は120万人で、アメリカの5倍です。

日本では、寝たきりや認知症で、1人で社会生活を営めない期間は平均で10年です。最後の10年は・・・ただ、生きてるだけです。

日本では病気になってから治療をすることを重要視していますが・・・アメリカでは・・・・病気にならないようにすることを重要視しています。

大きな違いですね。


あなたは同級会に出席されたことはありますか?同じ年齢なのに、見た目の年齢にかなりの差があるのに気づかれましたか?栄養素の摂り方で老化の速度も変わります。
若い時から気をつければ、60歳では、見た目で20歳くらいの差が出てきます。
つまり、50歳に見える人もいれば、70歳に見える人もいるのです。

同級生よりは若く見られたくないですか?

いつまでも健康で長生きをしたい。

今の健康を維持したい。

今より、もっと健康になりたい。

病気になりたくない。

寝たきりや認知症になりたくない。

実年齢より若く見られたい。

ずっと綺麗でいたい。

ガンになりにくい身体にしたい。


このような願望が1つでもあれば・・・

サプリメントは必要です。



ライフプラスのこだわりが分かる製品カタログはいかがですか?

まずはカタログ(無料)をダウンロードしてください。
ライフプラスが目指す最高のサプリメントへのこだわりと会社の概要をご確認下さい。

カタログのダウンロードはこちらから!





サプリメントについての注意事項

サプリメントは健康補助食品です。いかなる病気の診断、治療、予防を目的としたものではありません。また医師の処方で服用する薬ではありませんので、選択から使用まで、全てご自身の責任となることを予めご了承ください。

  • 医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けてください。 
  • 原材料はすべて天然ですが、アレルギーをお持ちの場合は身体に合わないことがあります。体調に異変を感じた場合はすぐに使用を中止し、必要によっては医師にご相談ください。 
  • 個人輸入では一度に輸入できる数量に制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入ください。 
  • 個人輸入で海外よりご購入された商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡、転売することは法律により禁止されています。 
  • 構造機能表示の記述はFDA(米国食品医薬品局)による評価を受けたものではありません。また、構造機能表示をもつ製品は、疾病の診断、処置、治療、または予防を意図したものではありません。